津山中央病院

>
病院長 挨拶

病院長・指導医からのメッセージ

 病院長 林 同輔  副院長 岡 岳文
 救命救急センター長 前山 博輝  

 

病院長 林 同輔

 

「鉄は熱いうちに打て」


これは、ご存知のように「人間も純粋な心を失わず、若く柔軟性のあるうちに心身を鍛えることが大事である」という諺です。
研修初期の柔軟な時期に、しっかりとした基本を身につけ鍛えていくことが、その後の医師としての人生を充実させるために不可欠なものと考えます。
我々は熱い情熱を持って皆さんの研修をサポートしていきますので、決して後悔させません。
是非一緒に勉強していきましょう。
 
 

一般財団法人津山慈風会
津山中央病院

病院長

林 同輔
Hayashi Doufu

 

 

 

ページの先頭へ

 

副院長 岡 岳文(研修管理委員長)

 

当院は岡山県北部の基幹病院として幅広く患者さんの診療にあたっています。
特徴は

  • 県内に5つある救命救急センターの1つです。
     1~3次救急全てに対応します。
  • 県内に6つある地域がん診療連携拠点病院の1つです。
  • 県内に3つある第2種感染症指定医療機関の1つです。

その他、どの科も専門施設として県内有数の診療数を誇っています。

 

研修中に数多くのCommon Diseaseを診療しますが、経験値を増やすことで、教科書どおりにならない例も余裕を持って対応できるようになります。また稀な疾患が当院に集まってくることに驚くと思います。さらに2年の間に必要な手技が自信をもってできる様になることに感動すると思います。将来どの科に進んでも必要な知識、手技、そしてハートを2年間で鍛えます。研修指導に熱心なスタッフが卒臨研を中心にそろっています。一緒にできることを楽しみにしています。

 
 

一般財団法人津山慈風会
津山中央病院

副院長

岡 岳文
Oka Takefumi

 

 

 

ページの先頭へ

 

救命救急センター長 前山 博輝(卒後臨床研修センター 副センター長)

 

卒後臨床研修センター副センター長の前山です。
初期研修医の2年間という期間は医師としての基盤を整える一番大切な期間であると考えています。患者さんの予後を改善するために、研修中にいかに知識を蓄え、症例を経験し手技を行うが重要です。当院は全国的に見ても忙しい病院ではありますが、裏を返せば前途の研修医の先生が成長できる要素が多くあるということです。また当院の指導医は熱心な先生方が多く、そのためか多くの初期研修医の先生が後期研修でも当院を選んでくれています。私自身も津山中央病院で初期・後期研修を行いました。今振り返れば、津山中央病院で研修ができ本当に良かったと感じています。

 

当院では忙しくも充実した研修生活を送れるように卒後臨床研修センターが研修医の先生の生活や研修をサポートする仕組みがあります。また休みもしっかり確保し当直明けでの帰宅や学会勉強会への時間の確保も行っております。
このような環境で忙しくも充実した研修生活を津山中央病院で過ごしませんか?見学や質問はいつでも受け付けております。是非とも一度見学に来て下さい!

 
 

一般財団法人津山慈風会
津山中央病院

救命救急センター長

前山 博輝
Maeyama Hiroki

 

 

 

ページの先頭へ