津山中央病院

ご意見・ご感想
>
薬剤部
>
認定・専門薬剤師関連

認定・専門薬剤師関連

2022年4月1日更新 

 

医療薬学指導薬剤師・医療薬学専門薬剤師・感染制御専門薬剤師

春木 祐人 岡山大学大学院博士課程修了 

ドラマ「アンサングシンデレラ」で一躍話題?になった病院薬剤師ですが、薬の専門家としてのジェネラリストであることに加え、特定の専門領域における薬物療法に精通したスペシャリストとしての能力が必要とされる場面が増えており、現在、がん、感染症を含め様々な領域において認定・専門薬剤師が認定されています。また、薬剤師は研究者としての側面もあり、日常業務の中でクリニカルクエスチョンを見つけ、研究し、学会発表・論文執筆を行うことで、薬物治療の発展に貢献していくことが求められています。
当院薬剤部では、医療薬学専門薬剤師、がん専門薬剤師、薬物療法専門薬剤師、地域薬学ケア専門薬剤師の研修施設認定を取得しており、これら資格取得のための研修を受けることが可能です。
私自身も感染制御専門薬剤師として、他職種と連携しながら感染制御および抗菌薬適正使用支援活動に従事しています。また、当院は感染症科があり、感染症専門医と一緒に抗菌薬治療に関与することができるため、感染症を学びたい薬剤師に適しているといえます。
忙しい日常業務の傍ら資格取得や臨床研究をすることは大変でありますが、薬剤部としてのサポートも充実しており、スキルアップしたい薬剤師にとって万全の環境が整っています。

 

日本静脈経腸栄養学会認定 NST専門療法士

土居 恵美 京都薬科大学薬学部卒 

当院NST(Nutrition Support Team:栄養サポートチーム)は多職種で週1回(2022.2現在)、栄養状態不良、食欲不振等の患者さんについてカンファレンス・回診をしています。
薬剤師は栄養剤の選択、輸液の設計、内服薬の確認・提案等をしています。特に内服薬は、摂食嚥下機能低下に関わる薬や食欲不振、下痢等の副作用のある薬を飲んでいることもあるので、薬剤師の視点でチェックしています。
薬学生さんへ
当院はNST専門療法士の受験資格に必要な研修を行っている施設です。環境にも恵まれていますし、和やかなチームでもあります。患者さんは回復するために栄養をつけることがなにより大事です!楽しく活動出来るので、栄養に興味のある方は是非おこしください^^

 

日本糖尿病指導療法士

小林 美保子 福山大学薬学部卒 

糖尿病療養指導士(CDEJ)とは、糖尿病治療にもっとも大切な自己管理(療養)を患者に指導する医療スタッフです。
糖尿病とその療養指導全般に関する正しい知識を持ち、医師の指示の下で患者さんに療養指導を行うことのできる経験を有し、試験に合格した看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士に与えられます。
当院では糖尿病教室をはじめ、糖尿病地域連携外来での患者さんサポート、インスリン自己注射やSMBGの導入に携わり、患者さんの糖尿病セルフケアを支援しています。

 

日本DMAT隊 業務調整員

服部 吉孝 広島国際大学薬学部卒 

DMATとは「災害急性期に活動できる機動性を持ったトレーニングを受けた医療チーム」と定義されており、災害派遣医療チーム Disaster Medical Assistance Team の頭文字をとって略して「DMAT(ディーマット)」と呼ばれています。
医師、看護師、業務調整員(医師・看護師以外の医療職及び事務職員)で構成され、大規模災害や多傷病者が発生した事故などの現場に、急性期(おおむね48時間以内)から活動できる機動性を持った、専門的な訓練を受けた医療チームです。
“一人でも多くの命を助けよう” と厚生労働省により、災害派遣医療チーム、日本DMATが平成17年4月に発足しました。
DMATの中で薬剤師は業務調整員(ロジ)と呼ばれる職種になりますがもちろん薬剤師としての高い専門性を発揮することもできます。

 

災害薬事コーディネーター

岡崎 敏幸 就実大学薬学部卒 

近年、日本各地で地震や大雨、台風などの自然災害が発生しています。
災害時には必要な場所に必要な医薬品や医療材料が不足したり、また過剰にあったりと使える医療資源が有効に使えないという状況が起こってしまします。
そんな時に被災状況や衛生環境などから必要な医薬品、医療材料を把握し調整する役割を担うのが災害薬事コーディネーターです。
薬剤師としては「災害時の医薬品の供給状況の把握」や「医薬品集積所などにおける医薬品などの仕分けや品質管理」、「医薬品に関する多職種への情報提供」などが求められます。
いつ起きるかわからない有事の際役立てればと思います。

 

日本病院会 医療安全管理者

江原 健太郎 就実大学薬学部卒 

安全な医療を推進と質の向上を目的として活動を行っています。
医療現場での業務の改善をはかり、安全に対する意識付けや状況把握能力の育成に向けて取り組んでいます。
具体的には院内・薬剤部内で発生した事例の分析、改善策の提案、医療安全活動などの業務の見直し、医療事故想定訓練・QC活動の実施などを行っています。

 

認定・専門薬剤師関連一覧

 

 

医療薬学指導薬剤師

春木 祐人

当院は日本医療薬学会・認定薬剤師制度研修施設に指定されています。

当院は日本医療薬学会・がん専門薬剤師研修認定施設に指定されています。

当院は日本医療薬学会・薬物療法専門薬剤師研修認定施設に指定されています。

医療薬学専門薬剤師

春木 祐人

日本病院薬剤師会認定 感染制御専門薬剤師

春木 祐人

ICD(Infection Control Doctor)

春木 祐人

日本静脈経腸栄養学会認定 NST専門療法士

江草 太郎

芦田 直子

絹田 恵美

当院はNST(栄養サポートチーム)専門療法士認定教育施設に指定されています。

日本臨床腫瘍薬学会認定 外来がん治療認定薬剤師

江草 太郎

芦田 直子

当院はがん診療病院連携研修施設に認定されています。

日本糖尿病指導療法士

芦田 直子

小林 美保子

日本結核 非結核性抗酸菌症学会 登録 抗酸菌症エキスパート

江原 健太郎

日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師

杉山 哲大

花谷 禎子

芦田 直子

春木 祐人

日本病院薬剤師会 日病薬病院薬学認定薬剤師

杉山 哲大

芦田 直子

水田 円

江原 健太郎

日本DMAT 業務調整員

服部 吉孝

おかやまDMAT 業務調整員

服部 吉孝

岡山県災害薬事コーディネーター

小林 美保子

岡崎 敏幸

服部 吉孝

当院は災害拠点病院(津山・英田保険医療圏)に指定されています。

日本病院会 医療安全管理者

江原 健太郎

博士(薬学)

杉山 哲大

春木 祐人