津山中央病院

ご意見・ご感想
>
薬剤部
>
調剤業務

調剤業務

        

【調剤業務担当 スタッフ】

調剤業務では、医師によるお薬の指示書である処方箋に基いて、お薬の調剤をしています。

 

 

 

お薬の種類や飲み方、使い方や量に問題はないか?

飲み合わせに問題がないか?などの確認を行っています。

 

 

医師が処方した薬のデータは、薬剤部の調剤室のパソコンへ送られ、

内服・散剤・水剤と各方面へデータを飛ばし管理しています。

 

処方箋医薬品・劇薬ヒート品棚

赤枠で囲まれている棚が劇薬の位置をしめしています。

当院ではアイウエオ順で医薬品を並べており、

名前が類似する薬品や、湿気や光に弱い薬物に関しては

ポップを配置し注意喚起を促しています。

 

散剤自動分包機 

散剤へ送られてきたデータと対象となる処方箋を元に散剤を計量していきます。

 

 

 散剤計量監査システム

 散剤を計測したら、個人の患者さんごとの分量に合わせた量に分包させて頂きます。

 

 

軟膏調剤・製剤機『なんこう練太郎』

均等にかつ綺麗に軟膏を仕上げる為、ある程度手で練った後、

遠心力を使用し仕上げていきます。 

 

 水剤計量監査システム

 水剤へ送られてきたデータと対象となる処方箋を元に計測していきます。