津山中央病院

ご意見・ご感想
>
薬剤部
>
病棟業務

病棟業務

 

 

病棟薬剤師スタッフ

適切な薬物療法には正しい医薬品情報が不可欠です。

お薬を正しく使う為に膨大な情報収集と整理を行い、

医師を始めとする医療従事者に適正な薬品情報を提供しています。

 

今日は様々な情報が氾濫をしており有益な情報を集めることは

容易なことではありませんが、

患者さんや医療従事者それぞれの目線から必要な情報を提供して参ります。

処方箋のチェック

 

 

各病棟担当の薬剤師は、本日服用されているお薬だけでなく、次の日の定期内服・注射薬の内容の把握をするためにチェックしています。 

TPN対象者なのか?簡易懸濁の対象者か?オーダーは間違ってはいないか?などをチェックし、患者さんに対して安全な医療をお届けします。

重複や禁忌などの疑義があった場合は医師へ確認を行います。

 

持参薬のチェック・管理

 

持参されるお薬は1つだけではありません、多くの薬物を持参されます。

持参されたお薬やお薬手帳の内容を確認し

時と場合によってはかかりつけの医院さんへ処方内容を確認しています。

中止薬はないか?重複薬はないか?お薬手帳には記載がないが、実は服用している薬はないか?さまざまな方向から持参薬のチェック・管理をさせて頂いています。

 患者さんへの服薬指導

 入院中の点滴薬や内服薬、退院時の内服薬の指導を行っています。

 入院中に使用する薬だけでなく、他院やご自分で購入した薬に関しても

相談や説明を行っています。

 病棟混注業務

 病棟で注射薬の混注(混ぜ合わせる作業)を看護師さんと行っています。