津山中央病院

>
診療科
>
病理診断科

病理診断科

方針

 当科では岡山県北部随一のがん拠点病院として、県内でも有数のがん診断件数を有しております。臨床各科とも密に連携し、患者様の立場に立った迅速かつ的確な診断を心がけています。

 

診療内容

 当院では常勤病理専門医1名及び非常勤病理専門医1名で、以下の診断について院内で施行しています。必要に応じて、外部専門家へのコンサルトも加え、診断精度向上に努めております。細胞診についても細胞診専門医1名及び細胞検査士1名で院内で施行しております。

  • 生検組織診断
  • 手術で摘出された臓器・組織の診断
  • 手術中の迅速診断
  • 病理解剖診断
  • 細胞診断

 

病理診断の詳細については以下の日本病理学会サイトの説明をご覧ください。
http://pathology.or.jp/ippan/pathdiag.html  (日本病理学会)

細胞診については以下の日本臨床細胞学会サイトの説明もご覧ください。
http://www.jscc.or.jp/newpage0.htm    (日本臨床細胞学会)
 

 

外来について

 現時点では病理外来は開設しておりません。
 病理診断、細胞診についてのセカンドオピニオンについては随時受け付けておりますので、紹介元の医療機関から紹介状と共に組織標本や細胞診標本を持参していただき、各外来診察医を通してご依頼ください。

 

担当医師

 

 
医師名 三宅 孝佳
役職 部長
専門領域 外科病理組織診断

学会認定の専門医
指導医

日本細胞学会細胞診専門認定医
日本病理学会病理専門医研修指導医
日本病理学会病理専門医
日本臨床細胞学細胞診専門医
日本臨床検査医学会臨床検査管理医