津山中央病院

>
診療科
>
形成外科

形成外科

方針

 形成外科とは、身体表面とそれに近い組織・器管の先天異常と後天性欠損に対し、形態的、機能的、精神的再建をはかり、患者の社会復帰を目的とする外科学と定義されています。私達も形成外科的手技を用いて、患者満足を追求して診療を行なって行きたいと考えています。

 

診療内容

顔面を中心とした外傷および皮膚腫瘍、また生まれながらの身体表層の変形、色調の変化などの醜状に対して、外科的手技を用いて治療を行っています。
 

対象疾患
  1. 新鮮熱傷(火傷、やけど)
  2. 顔面骨骨折および顔面軟部組織損傷(顔面のケガ)
  3. 母斑、血管腫、良性腫瘍
  4. 皮膚悪性腫瘍およびそれに関連する再建(皮膚癌術後等)、乳癌術後の乳房再建(保険適応可)
  5. 瘢痕、瘢痕拘縮、ケロイド(傷あとに対する外科的、保存的治療)
  6. 手・足の先天異常(多指合趾症等)
  7. その他の先天異常
  8. 唇裂・口蓋裂
  9. 褥瘡、難治性潰瘍(熱傷後外傷後皮膚潰瘍および床ずれに対する治療及び指導)
  10. その他 巻き爪、眼瞼下垂症、腋臭症(ワキガ)

※当科ではレーザー装置を用いた治療は行なっておりません。
※当科では自費診療・美容外科は行なっておりません。

 

 医師紹介

 

 
医師名 奥本 和生
役職 部長
専門領域 ①新鮮熱傷
②顔面骨骨折・軟部組織損傷
③手足・顔面の先天異常
④良性・悪性腫瘍
⑤瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド
⑥褥瘡・難治性潰瘍
専門医
指導医
日本形成外科学会専門医
日本形成外科学会皮膚腫瘍外科指導専門医
日本創傷外科学会専門医
日本抗加齢医学会専門医
日本褥瘡学会認定師

 

 
医師名 藤原 一人
役職 部長
専門領域 ①新鮮熱傷
②顔面骨骨折・軟部組織損傷
③手足・顔面の先天異常
④良性・悪性腫瘍
⑤瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド
⑥褥瘡・難治性潰瘍
専門医
指導医
日本形成外科学会専門医

  外来診療担当医のご案内