津山中央病院

>
各センター
>
内視鏡センター

内視鏡センター

 津山中央病院では平成12年に、「内視鏡センター」を開設いたしました。苦痛がなく、かつ質の高い内視鏡診療を地域の皆様に提供するため、消化器内科・呼吸器内科の内視鏡専門医を中心に医師18名、内視鏡技師を含む14名の看護師、医療クラーク3名で、「安全かつ信頼のける内視鏡検査及び治療」をモットーに日々の診療に当たっています。
平成21年度に当院で初めて1年間の内視鏡件数が10,000件を超え、それ以降も右肩上がりに件数が増加し、平成25年度に至っては11,000件を越す状況です。
 近年の高齢化社会の到来により、内視鏡による低侵襲な診断・治療の必要性が高まっています。このような状況を考慮し、内視鏡センターでは、拡大観察や特殊光(NBI)を用いた精度の高い診断、病変の早期発見、食道・胃・大腸の早期がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を積極的に行っています。ESDに至っては県下トップの件数を誇っております。さらに、胆膵領域や小腸領域、気管支領域等それぞれ専門分野別に幅広く行っています。
 津山中央病院の内視鏡センターは、岡山県指定がん診療連携拠点病院、地域医療支援病院の使命を果たすため、スタッフ一同地域医療に貢献していきたいと考えています。

 


 

医師紹介

 

 
医師名 柘野 浩史
役職 部長
専門領域 主に消化器疾患:
胆、膵肝の疾患、食道、胃、大腸、骨粗鬆症、喘息、各種アレルギー疾患
専門医
指導医
日本内科学会指導医
日本内科学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会認定専門医

 

 

 
医師名 平良 明彦
役職 津山中央記念病院 主任部長
専門領域 胃瘻造設中心に消化管全般
専門医
指導医
日本内科学会 総合内科専門医、認定医
日本消化器内視鏡学会専門医、指導医、
 学会学術評議員、中国地方会評議員
日本静脈経腸栄養学会認定医、指導医
 代議員、中国支部世話人
日本消化器病学会専門医
PEGドクターズネットワーク理事
PEG・在宅医療研究会(HEQ)幹事
岡山PEG・栄養研究会世話人
おかやま栄養懇話会世話人

 

 

 
医師名 竹中 龍太
役職 院長補佐
専門領域 消化管
専門医
指導医
日本消化器内視鏡学会指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会中国支部評議員

 

 

 
医師名 竹本 浩二
役職

主任部長

内視鏡センター長

化学療法副センター長

専門領域 消化器内視鏡
(特に下部消化管)

 

 

 

 
医師名 徳田 佳之
役職 部長
専門領域 呼吸器内科

 

 
医師名 藤原 義朗
役職 部長
専門領域 呼吸器内科

 

 

 
医師名 河合 大介
役職 医長
専門領域 消化器内科
専門医
指導医
日本内科学会認定医
日本消化器学会専門医