津山中央病院

>
各センター
>
入退院支援センター

入退院支援センター

 当院は基本方針の一番目に「お断りしない救急診療を推進する」を挙げており、救命救急センターを併設した急性期病院として24時間救急患者を受け入れております。 入退院支援センターでは患者さんの入院時から、退院を見据えた支援をさせていただくことで、より早く在宅療養や転院をしていただき、より多くの重症患者さんの受け入れを目指します。
 特に入院前に看護師が面談を行い、入院当初から「退院予定日の情報把握」を徹底し「在宅療養に向けた医療と介護の連携」「転院先の確保」などに取り組むことで、安心して療養ができるよう支援してまいります。

 

目的
患者サービス
  • 入院前から患者に関わることで、患者が安心して療養できる環境を提供する
  • 患者の状況により、退院後の療養環境、社会資源の利用ができ、安心で安全な環境を整備する
病院の使命
  • お断りしない救急医療を推進するためのベットコントロール
  • 地域の医療機関との連携で空床確保に努める
業務改善
  • 外来看護師、病棟看護師との連携で、患者の情報を把握すると共にリスクの管理、業務の効率化を図る

 入退院支援センタースタッフはPST(Patient’s Support Team)と総称され、看護師、社会福祉士(MSW)、臨床心理士、薬剤師、地域連携、事務職員等で構成されています。(各職種が連携をし、患者の入院前から退院後までの生活を見据えた支援を行います。)

 

入院前に看護師が患者さんの面談をさせていただきます

 入院前から看護師が患者さんと面談をするからこそ見えてくる身体的・社会的問題点や患者の不安に、個々に応じて細やかに対応することで、安心して治療を受けて頂くことができるように配慮します。

 

相 談 窓 口